【ADHD】ホームスクーリングで教えるコツ

広告
教育事情
PublicDomainPictures / Pixabay

Learning Disabilities Association of Americaによると、ADHDと学習障害は異なると言っています。

でも現実は多くのADHDの子供たちが、今までの伝統出来な教育システムに対して、中々なじめていない状況が多く見られます。

ホームスクーリングを行う上で注意しないといけないポイントが3つあります。

【ハブルータ】ユダヤ式勉強法は質問を考える能力がつく!
アメリカで学んでいると気づきます。自分の質問力のなさが。 「質問ありませんか?」これを聞かれるといつもあたまをフル回転するのですが、何も思いつきません。まわりのアメリカ人とか他の留学生の人たちは小さなことでもバンバン質問します。 ...

Distractibility(散漫性)

ADHDの子供たちは一般的に集中力が散漫になってしまいます。一つの教科に長時間集中できず机に向かうことがうまくいきません。

先生と家族ができるひとつの対策としては、レッスンを短くすることです。

まずは今までの大きな課題やタスクを短く、分かりやすいものに変えましょう。

例えば、数学は集中できない教科の筆頭格です。数学こそ、大きいタスクで勉強しようとするのではなく、細かいタスクにブレイクダウンして、短い時間で終われるようにしましょう。

「数学を勉強しよう!」と子供に言うのではなく、「分数の通分を極めよう!」と細かくタスクを伝えた方が効率がいいです。疲れた時には小休憩を挟むことが、先生と子供達二人にとっても効率の良い勉強の仕方です。

ホームスクーリングでの学習であれば、上記に述べたような各教科を書く子供立ちに合わせて、適切なプログラムを構築することが可能です。

一般的な学校のように30人以上の生徒が一緒に勉強するわけではないので、時間配分や学習スピード、過大などをオーダーメイドで特注できるのです。

今回参考にしている記事ではこのような理由で、ADHDの子供達にはホームスクーリングを推奨しています。

【英語教育】英語学習と反転授業事情調べてみた。
反転授業は何がすごいの?何がダメなの? 今回はMike Acedoさんが書いた記事を基に、個人的な意見も交えて反転授業の Pro (メリット)と Con(デメリット) について解説しました。 英語学習において反転授業、つまりは映...

Hyperactivity(多動)

ADHDの子供たちの1つの特徴して、多動がありますね。多動は一般的な学校では、対処するのに苦労するでしょう。ホームスクーリングであれば、多動はなんのデメリットもありません。なぜなら、迷惑をかけるひとがまわりにいないので、好きなだけ多動をすることができるからです。

時として、多動+勉強が成立するときがあります。運動をしてエネルギーを発散しながら、勉強できる環境が作れればこれほど良いものはADHDの子供たちにとってはないでしょう。

例えば、ある家庭では椅子の代わりにバランスボールに座らせて勉強しています。普通の椅子とは違って、バランスを保つために意識を集中させる必要があるので、多動のメリットを活かしながら、勉強にフォーカスしてもらうことが出来ます。

他にも子供たちを手持ち無沙汰にしないことが有効な手段として挙げられています。

例えば、世間一般的に子供たちは落書きや粘土で遊んでいる時は、他の事に集中できていないと言われています。しかし、実際はADHDの子供たちは二つの事を同時にこなす能力があると考えられています。そしてそれは、彼らにとって効率の良い勉強法になり得るのです。

海外のADHDに対する考え方
不登校の原因として人間関係が上位に来ます。 現在の日本について多様な子供達の面倒を見れる環境は十分に整っていません。 そこでつまはじきにされてしまうのが、ADHDやユニークな子供立ちです。 同調や協調性を重んじる日本においては...

Easily Frustrated(挫折しやすい)

ADHDの子供たちは、イライラしやすく、挫折しやすいと言われています。繰り返しのレッスン、読み物、記述が多い勉強が好きではありません。

ADHDは学習障害ではないと言われていますが、”ADHDのじゃない子供達”とは異なった勉強を行う傾向があります。

彼らの脳は物事をすばやく捉え考える傾向があります。故に繰り返しの作業がとても無駄のように感じてしまうのです。頭の回転が速いからこそ、それを文字に起こす際のタイムラグにイライラしてしまうのです。

これらの問題を解決するためにはテクノロジーの導入が適切です。ホームスクーリングでも簡単にできる解決策です。

例えば、読書をすすめるのではなく、文字を読むのが苦手であればオーディオブックを聞くという手段もあります。オーディオブックであれば耳で聞きながら、他の事をしたりできるのです。

文字を書くのが苦手であれば、タイピングを練習させて、頭の回転に追いつくようにタイピングで文字おこしが出来るようになれれば問題ありません。

英語であればスペルの練習を毎日させて、週末にテストを行うようなやり方をするのではなく、いきなりテストからやってみるのです。そうすれば、間違ったところだけをその週に練習をすれば繰り返すの退屈な課題を少なくすることが出来ます。

ADHDの子供達には、一般的な公立学校の教育システムに適応するように促すのではなく、彼らが気持ちよく勉強できる環境を親や教師が作ってあげることが一番大事だと言われています。

【自発性、自己肯定感、安らぎを!】最後に子供にハグしたのはいつですか?
子供たちに自発性、自己肯定感、安らぎを! 最後に子供にハグしたのはいつですか? 学校の先生の業務が多すぎて、 もう限界を超えているのがわかる。 今こそ家庭での教育の考え方を見直す時だと思う。勉強や習い事、厳しいしつけで子供達は疲労困ぱい。 最後に子供にハグしたのはいつですか? 一度のハグでも子供は愛情を感じられ、今後の成長の糧に出来るのです。

 

Reference

Strategies For Teaching ADHD Students At Home: https://edarticle.com/strategies-for-teaching-adhd-students-at-home/

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました