不登校支援

不登校支援

【英語に繋がる中学生の国語・文法】文節とは?

中学生1年生の国語の文法を学ぶ事は、英語の理解への近道です。 主語と述語の関係、文節とは何か、修飾語・被修飾語の関係などは英語を理解するうえで基礎になる物です。英語が出来ない・苦手な人はまずはここを日本語でも理解できているかを確認しましょ...
不登校支援

【逆境にある教育】罰則、ご褒美、自己決定について考える

1.罰についての問題  子供たちが行動を起こす場合、たとえ結果が悪いことだと理解していたとしても、罰よりも利益の方が大きいと言う計算が働くために歯止めが利かなくなる。 そういった子供の問題行動を無くすために、大人はより罰を重くしよう...
不登校支援

学校に行くべき3つの理由!

もし学校に行かないといけない理由を上げるとしたら? 学校に行くべき3つの理由! 学校に行くか行かないかは、自己判断。学校に行くべき理由と行かなくてもよい理由、色々あります。 幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、専門学校、短...
不登校支援

【日本の自殺者数】統計データ最新版をまとめました。

2018年の自殺者数データ(厚生労働省調べ)をまとめました。 年齢階級別自殺者数 2017年と比べる、全体の総数は減っているように見えますね。 年齢別にみてみると、少年(男の子・女の子)の自殺者数は、567人(2017...
不登校支援

【不登校】ハーバードが教える、子供が学校に行きたくないと思う時

Harvard Medical SchoolのphD、ジュリアさんが執筆した記事を参考にしました。 アメリカでは新学期は9月からです。したがって、日本のように夏休み明けの学校への足取りは日本の子供たちのように重くなりがちです。そんな子...
不登校支援

【BBCニュースより】なぜ日本ではこんなにも多くの不登校がいるのか?

なぜ多くの日本の子供たちが不登校になるのか? 現在の日本では毎年多くの子供たちが不登校になっています。 結論からです。 不登校の原因はひとつではありませんが、一番の原因は人間関係です。 多くの人に囲まれると不...
不登校支援

朝早起きする為には強力な意思が必要(経験論=科学的根拠はない!)

早起きってしたいのに起きれない! そんな起きれない人たちの為に、サンプル数1の私の経験から早起きのコツを教えたいと思います。 楽観的な人ほど起きれない 「俺なら早く起きれる!」 こんな楽観的な人ほど早起きは出来ません...
不登校支援

【不登校統計】イギリスの不登校事情を調べてみた

イギリス・UKでの不登校統計データを徹底分析してみました。 日本やアメリカとどう違うのか興味深いですね。 基本データ(2017~2018) 約800万人の学生が、初等教育、中等教育に在籍しています。 内訳: イギリ...
不登校支援

【分からないが分からない】勉強が分からないの人の気持ちを教えます

勉強が出来ない人の気持ちわかりますか? 私も中学時代アルファベットも書けず、通分、約分も出来ない生徒でした。 今では英語も数学もある程度は分かるようになっていますが、当時苦しかったのを覚えています。 その気持ちを忘れつつあるの...
不登校支援

School refusal (不登校)私たちが出来ることは?

オーストラリアの記事から不登校事情を考察してみました。 海外の記事を読むと不登校へのかかわり方や、意識の違いを垣間見ることが出来ます。 日本と世界ではどう違うのか?私の経験と今回参考にした記事を基に考察していきます。 Sc...
タイトルとURLをコピーしました