【違いは何ですか?】so as to, in order to, to 不定詞

広告
英語学習

英語の表現「~するために」、in order to, so as to, そして to 不定詞。これらは全部同じ意味です。

しかし多くの場合、英語の類義語に当たる単語には少なからず違いがあります。今回はそんな些細な違いを説明していきます。

基本的な使い方は「目的(purpose)」、行動の目的を述べるときに使います。

例文:あなたに英語を教えるために英語を学びます。

  • I will learn English in order to teach you English.
  • I will learn English so as to teach you English.
  • I will learn English to teach you English.

使い方は上記のようになり、文の意味もすべて一緒です。

唯一の違いは、in order to は他の二つに比べるとよりフォーマルな言い回しだという事です。so as toやto不定詞は同じフォーマル度です。

堅苦しい時に「目的」の意味を使いた時には、in order to を使いましょう。

否定分にするときは、

  • in order not to
  • so as not to
  • not to

のように to の前に否定の not を挿入しましょう。

しかし、ほとんどの場合で否定にするときは in order not to を多く使う傾向にあります。

 

肯定文では、フォーマル度を気を付けましょう。

否定分では、in order not to にしましょう!

 

Reference
Englishstudy. (2019, October 6). “In Order To” vs “So As To” vs “To” in English. Retrieved from https://englishstudypage.com/grammar/in-order-to-vs-so-as-to-vs-to-in-english/

タイトルとURLをコピーしました