【英語教育】日本の英語授業の真実

広告
教育事情

日本の学校では「英語」を義務教育の一部として全てのカリキュラムに取り入れているのにも関わらず、実用的な英語を使える日本人の数は近隣諸国と比べてかなり低い傾向にあります。
日本人の英語力は私たちが想像しているよりもひどいです。

今回はそんな日本の英語教育に対して猛烈に批判を行った英文の記事を参考にして書きました。

テストの為の英語の授業

日本の多くの学校では定期テストを行っています。特に高校では文法を重要視する傾向にあり、定期テストやセンター試験に出てくるような文法・単語にフォーカスしてしまっています。より広い意味での英語理解を深める授業や、実用的な英語教育は現在の日本の教育現場では無視され続けています。

日本人が英語を学ぶ理由はテスト良い点を取るためです。4択の選択肢から正しい答えを選ぶ練習をして、英語がうまくなるはずがありません。日本人の英語力を伸ばしたいのであれば、まずはこのようなテストありきの英語の授業を根本的に変えるべきだと筆者は伝えています。

教科書の質が低い

日本で英語を教えている多くの英語(ネイティブ)の先生達が、日本の英語の教科書に関して不満を漏らしています。教科書の内容や文法の間違いなど。ネイティブの先生達からすると、普段使わないような文法が多く乗っており実用的じゃないそうです。

英語から日本語への和訳の強制・日本語だけの英語の授業

日本の英語教育の一番の問題点は、英語の授業で使われる英語の量です。
ネイティブの先生たちはレコーダー代わりに発音をするだけ、英語の先生は英語から日本語への訳に注力している。この現状が一番の問題だとこの記事では述べられています。

このほかにも、多くの日本の学生が英語を理解できるようになるメリットを理解できていないことです。これは日本に限ってことではないが、「日本人なのにどうして英語を学ばないといけないの?」という生徒は多くいますよね。英語を将来使わないのに、英語を学ぶ理由を見いだせていない子供たちが多くいるのも現実です。

まず英語に興味を持ってもらうためには、教科書の内容を考えたり、なぜ英語を学ぶ必要があるのかを教える授業が始めるべきではないでしょうか?

強制的に英語を学ばせる制度では英語力は、これ以上伸びません。子供たち自身が自ら英語を学びたいと思える環境を整えることが先決ですね。

Reference

Japan Today. (2014, October 7). What’s wrong with English education in Japan? Pull up a chair. Retrieved from https://japantoday.com/category/features/lifestyle/whats-wrong-with-english-education-in-japan-pull-up-a-chair.

タイトルとURLをコピーしました