【英文和訳のコツ】大学受験英語のよく狙われる表現

広告
英語学習

大学受験、2次試験、東大などで、英文和訳をする際によく聞かれる単語と熟語表現をまとめました。英単語を感覚で覚えている人にとっては和訳は難しいかもしれませんが、適切な日本語を当てはめることが出来るように練習しておきましょう。

1.基本表現

A be made to do Aに~させる
A can only guess at B AはBを推測することしかできない
a kind of A which~ ~のようなA
aimed at ~を目的とした
an impact on ~に対する影響
ask to do  ~するように頼む
at large 全体として
At no time いつであっても~ない
be open to ~に対して開かれている
be to do 義務・予定・運命・可能・意図
But for ~がなかったら
But for the fact that ~ということがなければ
by far はるかに
by no means 決して~ない
by reference to ~に言及することで
can’t be at all uncommon 珍しいという事は全くあり得ない
catch A doing Aが~しているのを見つける
cause A to do Aに~させる
connection between A and B AとBの関係
criticize A for B AをBの事で批判する
Deny A B AにBを与えない
depends on A Aによって決まる
deprive A of ~ Aから~を奪う
distribute A to B AをBに分配する
either approach いずれのやり方も
fit in ~合う、収まる
for only a brief interval ほんの短い合間の時間のみ
force A to do Aに~することを強いる
former beliefs 以前の考え
from A to B AからBへ
give A credit for B Bに対して、Aを評価する
give away  贈る・配る or 自分の事を他人に明かす
guarantee A B AにBを保障する
happen to do たまたま~した
hearing aids 補聴器
human touch 人間味
in terms of ~の観点から、~によって
in terms of technological inventions 記述的な発明という観点から
in the same way 同様に
lean towards 考えが傾く
make a case 主張を述べる
make a concession to ~に譲歩する、負けを認める
make A do Aに~させる
make A out of B BからAを作る
most commonly 最も一般的に
not much あまり多くの事を~ない
not necessarily 必ずしも~でない
nothing less than まさに~だ
on grounds of ~を根拠にして
on the same basis 同じ基準で
on the strength of ~の力によって、~を根拠として
operate selectively 選択的に処理する
progressive taxation 累進課税
prove one’s point = make one’s point 自分の主張が正しいことを示す
provide  for/to B AをBに与える
raise money 資金を集める
See A as B AをBであると考える・見なす
send A doing Aに~させる
Send A hurrying Aを急き立てる
so ~ that とても~なので、~なほど~だ
so-called いわゆる
such ~ that = so ~ that とても~なので、~なほど~だ
take a step 策を講じる
the extent to which S V SがVする程度(SはどのぐらいVするのか)
the minimum level of A 最低限のA
there is no arguing that を議論することは出来ない
those who ~する人々
under any circumstances いかなる状況における
unfairly treated 不公平に扱われている
wash A out  Aをゆすぐ

2.基本単語と上手い訳し方(日本語)

all 全員・全ての人々
assert 主張する
because なぜなら~だからである
can ~する可能性がある
comprehensive 広範囲にわたる
contain ~を含む
deserve ~に値する
efficiency 効率性
enterprise 事業
essential 本質的な、根本的な
expressway 高速道路
help 援助
highway 幹線道路
implication 暗示、含意、影響
inability 能力の欠如
instead その代わりに
know ~を知る、~を見出す
laziness 怠惰
nature 本質
need ~を必要としている
Now 今や・今度は
obvious 自明の
overtake ~を追い越す
peacetime 平常時
profound 深い、重要な
promise 裏付け・内容・質を保障する
property 財産
reconstruct 再現する
secure ~を確保する、~を保障する
seldom めったに~ない
shift 変化
subject 被験者
taxation 課税
thus  したがって
underestimate 過小評価する
writerly 作家に特徴的な

 

3.副詞表現

almost ほとんど~
emotionally 感情的に
invariably  必ず・必然的に
largely 主として
likely おそらく
physically 身体的に
repeatedly 繰り返し
selectively 選択的に

 

4.英文和訳でよく問われる構文

  • Being が省略される分詞構文
  • 形容詞化した分詞構文(動名詞との違いに注意)
  • 関係副詞のwhen(接続詞のwhen)と区別する
  • 否定語に伴う倒置表現
  • ハイフン(ー)を利用した形容詞を作る。
  • 使役動詞
  • 仮定法
  • 付帯状況の with ~を伴って
  • 一般論で使われるyou/one 訳さない
  • the + 形容詞 ~な人
タイトルとURLをコピーしました