【英語の倒置】語順がひっくり返るのを理解する

広告
英語学習

英語の倒置(Inversion)は主に否定の語があるときにおこります。

否定の副詞(Negative adverbs)

否定の副詞が来るときに倒置が起こるそうです。否定の副詞とは?

Barely ほとんど…ない
Hardly ほとんど…でない
Never 一度も…しない
Rarely めったに…しない
Scarcely ほとんど…ない
Seldom めったに…(し)ない
No longer もはや…しないで
No sooner 端から
In no way 決して…ない
Under no circumstances どんな場合にも
On no condition どんな条件でも…ない
Only after ~して初めて
Only if その時以外を除く
Only until ~まで
Only when ~のときだけ
No
Not

これらのフレーズが文頭に来た場合には倒置が起こります。

英語の長文を読んでいて文の構造が分かりにくい時には、倒置かどうか疑ってみると良いかもしれませんね。

 

タイトルとURLをコピーしました