【補習塾起業】広告費や教材費の初期費用をまとめてみた

新卒(退職・転職・起業)

私はこれから補習塾を起業します。

その準備の為に、必要なコストを書き出して初期費用とランニングコストを計算していきます。

そして、皆さんには私がどのように失敗をして、苦労するのかを一つのドラマとして楽しんで欲しいです。応援してほしいです。

そうまさにトゥルーマン・ショーです。

これから逐一、twitterなど経過を報告するので、ぜひ私の人生を楽しんでください

Joeのツイッター

【新卒4ヶ月目で退職】補習塾起業への準備編
True man show ( トゥルーマン・ショー )をご存知ですか?見たことない人は、アマゾンで見つけたのでぜひ見てください!トゥルーマン・ショー 見られているのはあなたかもですけどね。。。見れば意味が分かります。...

さて、本題です。

前回は、開業資金のコアな部分と細かい備品について見積もりをしました。

今回は、集客で必要な資金の見積もりをしていきます。
思い通りにいかないことは百も承知ですが、何卒私の甘い見積もりの批評をお願いします!

広告費

まずは広告の種類から考えていきましょう。

  1. 看板
  2. チラシ
  3. ホームページ

他にも色々調べるとあるようですが、私はこの3つを軸に宣伝をしていこうと思います。

看板

こちらは約200,000円ほどかかるようです。

土地代などもあるようですが、敷地内なら無料ですよね。
なるべく初期費用は掛けたくない。

これで失敗したらまたやり直します。
言い忘れすれましたが、起業に関してド素人なので、おかしいところは厳しくご指摘ください!

チラシ

チラシを作る上で必要なコストは、デザイン代、印刷代、配布費用。

素人がデザインしたチラシがどのぐらい、効果があるのかわからにですよね。ここはお金をかけるべきポイントだと思っています。

それとは別に、プロと素人のチラシを両方配って効果の違いも調べて見たい、好奇心が湧きました 笑

したがって両方作ってみます。

デザイン費用はピンキリで、0~10,000円ほど。

ここでは、中間をとって50,000円で計上しときます。

印刷代は、1部5円で計算して、10000部で50,000円とします。

配布費用は、個人で行うつもりなので、0円とします。
自分で行う理由としては、なるべく顔を覚えてもらいたいからです。

見ず知らずの人に子供を預けるよりは、顔を知っている人のほうが警戒心は薄いですよね。

なので、ここは譲れないところです。どうせ最初は人が来ないので時間はたっぷりあるはずです。

ホームページ

ホームページは、塾起業するにあたって絶対必要だと思っています。
親御さんはまずはネットで口コミ、情報を調べますからね。

ホームページを作るうえで絶対必要なのが、サーバー代・ドメイン代です。

自作できる人はここからは無料ですよね。
無料のブログサイトを使えば、サーバー代もドメイン代も必要ないですね。

私は今このブログをエックスサーバーと、格安ドメインで書いています。

したがって、ホームページ作成を自作するのなら20,000円としておきます。

【新卒4ヶ月目】辞めたい。辛い。死にたい。
大丈夫。あなたは一人じゃないよ。 新卒で、毎日毎日辛いよね。 日曜日の夜が辛いよね。 月曜日を来るだけど、吐き気がするよね。 その気持ちは私も感じていました。仕事、死にたいと。 ...

教材費

塾だったらかならず必要になる教材費です。

わたしは余分な教材をつかうつもりはありません。
私は補習塾を目指しています。学校の授業についていけない子供たちに、勉強の楽しさを教える塾です。

教材は、私自身用に学校の教科者と問題集を購入するつもりです。
子どもたちには、学校で使っている教材を持ってきてもらいます。

教科書ひとつ1,000円だとしましょう。国数英理社、5科目で5,000円。
問題集など、他にも1教科3つテキストがあると仮定をして、合計15,000円になります。

他にも英語の勉強のためのテキストを買うつもりですが、初期費用としてはこれで十分です。

ここまでの合計

ここまでの合計は285,000円です。

そして、前回までの開業費 310,550 を合わせると、

595,550

この額をまずは目標にして、この残りの1年で貯めます。

今年も後約半年なので、月100,000円を目標に貯金をします。

 

まとめ

  • 広告費
  • 教材費
  • ここまでの合計

私の見積もりはいかがでしたでしょうか?

【フランチャイズサポ─ト】

甘い部分が多々あったかとは思います。ぜひ今後の為にご指摘して頂けると幸いです!

初期費用で他にも必要な物があれば、ご指摘ください。

次はランニングコストについて、見積もりをします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました