【英語で学ぶ動物】ヤモリ(Gecko)vs.イモリ(Newt) 違いとは?

動物のあれこれ

さーややこしい。ヤモリとイモリ。

なぜややこしいのか?カタカナで書くと一文字違いだから。

英語で考えれば、そもそもヤモリとイモリでこんがらがる必要もないのです。むしろ考えないといけないのは、イモリとサンショウウオの違いです。

今回はそんなややこしい2匹を英語で簡単に理解していきます。

結論:ヤモリ(爬虫類)・イモリ(両生類)

名前が似てるからややこしいけど、大きな違いですね。

動物好きへのおすすめ記事:【英語】セイウチ、トド、アシカ、オットセイ、アザラシの違い

1.ヤモリ (Gecko)

そもそもヤモリとは、トカゲ (lizards)、の仲間です。つまりヤモリは爬虫類 (reptiles)、なのです。(写真はヤモリじゃない、と思う)

特徴:

  • まぶた (eyelids)がない
  • まぶたがない代わりに、透明な膜 (transparent membrane) が目を覆っている(舐めてキレイにするよ)
  • 足にはねばねばしたパッド (sticky pads) がある
  • さらに足は小さい毛で覆われており、ファンデルワールス力(Van der Waals force)によって壁に引っ付くことができる。(何それ?おいしいの?)

これがヤモリだ!

2.イモリ (Newt)

そもそもイモリとは、サンショウウオ (salamanders)、の仲間です。つまり、イモリは、両生類 (amphibians)、なのです。

特徴:

  • 1.幼生期 (larval stage):水の中で過ごします。
  • 2.少年期 (juvenile ‘eft’ stage):陸上で生活します。
  • 3.成虫期 (adult stage):水陸両用ですが、ほぼ水中で生活します。
  • 毒持っている個体もいる
  • 自己再生 (regeneration) の能力をもっている個体もいる

これがイモリだ!

タイトルとURLをコピーしました