【現在完了】Present perfectは時制を表す4つ目の言い回しに過ぎない。

広告
英語学習

日本の公立中学校では現在完了は中学3年生に習う単元です。ですが、多くの英語の教科書においては時制を表す、現在形、過去形、未来形と一緒に現在完了が載っていることが多々あります。現在完了だけ分けて習うので、難しく考えてしまいますが、時制の仲間なので以外に簡単に理解できます。

過去形:Yesterday, I had a busy day. I received a lot of emails.

現在完了: I have received only a few today.

さっそくですが、上の過去形の文から現在完了の文ではどう変わりましたか?

一番の違いは、have + PP(過去分詞形)が加わったことです。作り方は簡単、主語+ have + 過去分詞形、たったこれだけです。

あとはどのような場面で現在完了が使われるのか?時制の仕組みを理解しましょう。

英語の教科書では、finished and unfinished timeの対比として現在完了が説明されています。

例えば、「昨日」と「今日」はfinished or unfinished timeで考えるとどっちでしょうか?「昨日」は finished time そして、「今日」は unfinished timeとなるはずです。つまりは、finished time を表す言葉があるときは過去形を使います。

例えば:finished time

  • yesterday
  • last week
  • last month
  • last year
  • 1990

などは既に終わっている事なので、普通の過去形の文で表します。

現在完了においては、日本で習う場合は大きく分けて意味が3つあります。(上記で説明した特定の過去の表現があるときには使えません)

  • 継続:
    • 過去に行った行動が現在・未来までも続いている(To describe an action that started in the past and is still continuing in the future. )
  • 経験:
    • 過去と現在の間で繰り返しに起きていることを伝える意(To describe an action that is being repeated between the past and present.)
  • 結果・完了:
    • 最近もしくは、ちょうど行っていた行動が終わった時(To describe an action that was completed in the recent past.)
    • 時制が特に重要じゃない行動を説明する時(To describe an action when time was not an important aspect. )

英語の教科書で現在完了を習う場合は:

例文:「時」が不明瞭の時に使う現在完了(「いつ」かは重要じゃない)

  • I have lost my purse.(財布無くした!)
  • We have seen this movie already.(この映画もう見たことあるよ!)
  • He has broken his leg.(彼足骨折した)
  • There has been an accident.(事故があったよ)

例文:「まだ終わっていない期間」を表す時に使う現在完了(これからまだ起きるかもしれない)

  • We haven’t seen her today.(今日はまだ彼女を見てないよ)
  • They have been to the mall twice this month.(今月2度メールを送ったよ)
  • She has watched that show three times this week.(今月3回あの講演を見たよ)

例文:「過去に起きたことが今も続いている」時を表す現在完了(当時から今もその状況だよ)

  • The children have made a mess in the kitchen.(子供たちがキッチンを散らかしっぱなし)
  • He has started a new job.(新しい仕事を始めた)
  • She has finished her chores.(雑用終わったよ)

現在完了を使うときによく出てくる時を表す副詞:

  • already(すでに、もう)
  • just(ちょうど、まさに、たった今)
  • yet(もう、まだ)

 

私は日本語で習ってしっくりこなかった現在完了を、英語で習ってみると納得がいきました。もし今英語に限らず、分からない勉強や単元があった場合はアプローチの仕方を変えてみるといいかもしれないですね。自分にあった角度、勉強法から学んでみましょう。

タイトルとURLをコピーしました