約70%の企業が新卒にTOEIC 700点以上の英語力を期待。

広告
新卒(退職・転職・起業)

大学卒業までにTOEICは何点取ればいいの?

答えは簡単です。タイトル通り700点以上を目指しましょう。
2013年にTOEICに発表された調査によると、68.6%の企業が国際部門に700点以上のスコアを新卒のみんなに求めています。

今後英語使わない!っていうひとはここまで。

英語使って仕事をしたいって人はより詳しく、ここから考察していきます。

国内の上場企業3254社を対象にした調査

対象の企業のうち、英語を使用すると回答した、228社による調査です。

英語を使用すると答えた一番多かった業種は、

英語使用企業(業種別) (%)
電気・精密機械 11.8
その他製造業 10.1
輸送機器・関連機器 8.8
化学・薬品 7.9
一般機器製造 7.5

 

日本の英語の使用状況(企業において)

  1. 日本の企業の75%が英語を使用すると答えています。
    1. 製造業(58.2%)
    2. 非製造業(30.9%)
  2. 英語4技能のバランスを求められています。
    1. Reading (27.2%)
    2. Writing (26.5%)
    3. Speaking (23.2%)
    4. Listening (23.1%)

上記でも述べたとおりに、68.6%の企業がTOEIC700点以上のスコアを期待しています。

  • 900~990(11.1%)
  • 800~895(29.6%)
  • 700~795(30.9%)
  • 600~695(18.7%)
  • 500~595(8.2%)
  • 400~495(2.1%)
  • 395以下(2.3%)

28.5%以上の企業が海外出張者選抜にTOEICを利用していると答えており、平均675点を課しています。

新入社員の採用試験での英語テスト

企業の28.5%が新卒採用において、英語テストを利用していました。

  1. Reading (78.5%)
  2. Writing (36.9%)
  3. Listening (29.2%)
  4. Speaking (4.6%)
  5. Other (3.1%)

Reference: http://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/lr/katsuyo_2013/pdf/katsuyo_2013.pdf

TOEICを極めろ!

多くの企業でReading の英語テストを多く実施していることが分かりました。

では、Reading 対策をしながらTOEICを極めるにはどうしたらいいのでしょうか?


スタディサプリでは、3カ月の平均スコアが100点以上!

早ければ早いほど新卒で苦しむことなく、憧れの海外で働けるチャンスが手に入ります。

  • オーダーメイドのカリキュラム
  • 課題が毎日届く
  • チャットでアドバイス
  • 毎日担当コーチからアドバイス
  • 7日間無料利用可能
  • 返金対応も!

リクルートのTOEICオンラインコーチ!スタディサプリENGLISH

タイトルとURLをコピーしました