【原因と統計データ】不登校になりやすい年代が判明!

不登校支援と教育

不登校ってどの学年で多いの?

今回は、小学生、中学生、高校生の不登校の原因を調べていきます。

ちなみに私は中学1年生の時に不登校でした。
それでもアメリカ大学を卒業しています!

大丈夫。今は真っ暗でも、将来なんとかなります。

使う資料は主に、国の統計データや不登校に関する記事をもとにまとめてみました!

もっと不登校について知りたい方へ:【不登校の原因】いじめは原因じゃない。私の原因は”あれ”でした。

1. 統計データ

少子化と言われる中、不登校の数は年々上昇しています。

  • 小学生  31,151人
  • 中学生  103,247人
  • 高校生  48,579人
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/10/1397646.htm

国の統計データによると、28年度の不登校の数は上記のようになっています。

データによると中学生の不登校が一番多いようです。
そんな私も、中学時代に不登校を経験したひとりです。

学年別で見ると下記のようになります。

1. 小学生

  • 1年生 1,579 人
  • 2年生 2,559 人
  • 3年生 3,832 人
  • 4年生 5,598 人
  • 5年生 7,677 人
  • 6年生 9,906 人

2. 中学生

  • 1年生 26,360 人
  • 2年生 37,304 人
  • 3年生 39,583 人

3. 高校

  • 1年生 12,280 人
  • 2年生 10,752 人
  • 3年生 7,678 人

縦で書いたので、数字の上下が見やすかったのではないでしょうか。
中学生までは、学年が上がるごとに不登校数は増えていきます。

しかし、高校に上がってからは、学年が上がるごとに不登校数は減っていきます。
理由は、学校に行かずに退学したり、就職をしたりするようになるからです。

不登校数は、中学3年生でマックスになっています。

ここから、不登校になった原因を統計データと共に見ていきましょう。

2. 主な原因

不登校になったきっかけは、不登校児童の数だけあると私は思っています。
なのでこのデータは参考程度に、覚えておく程度にします。

原因は大きく分けふたつです。

学校要因か家庭要因です。

下記のデータは、学年別の不登校の原因の割合です。

1. 学校要因

原因/学年 小学生 中学生  高校生
いじめ 0.60% 0.50% 0.20%
いじめを除く友人関係 18.40% 27.20% 15.30%
教師との関係   4.10% 2.30% 1.10%
勉強 13.70% 21.40% 18.10%
進路   1.10% 5.00% 8.50%
クラブ・部活動 0.30% 2.90% 1.80%
学校のルール    2.10% 4.10% 3.80%
入学、転編入学、進級時の不適応 4.10% 6.70% 12.90%

どの年代でも、不登校の一番の原因は、友人関係と勉強の問題のようです。

いじめが原因の不登校の割合は、私が思ったより低かったです。
調査によると年々いじめの件数は増えています。

平成29年度の「いじめの認知件数」 は 41万4378 件 です。
直近5年間でも、右肩上がりで増えています。

文部科学省は早期発見に躍起になっているので、年々認知件数が増えています。
しかし、おそらくいじめは昔から同じぐらいあったとは思います。

いじめと不登校の因果関係が見えてこないのは、本当にいじめが原因の不登校の数が少ない。
もしくは、学校側がいじめが原因だと認めてないのかのどちらかでしょう。

2. 家庭要因

原因/学年 小学生 中学生 高校生
家庭環境  52.10% 28.90% 14.90%

小さい子になればなるほど、家庭環境の変化の影響が大きいようです。

データからわかる中学生の不登校の対応の仕方は、友人関係や勉強の心配をしてあげることです。
そして、家庭環境に大きな変化もしくは悪い環境下に、中学生を置かないことが一番大事だと分かります。

3. まとめ

今回のデータでは、不登校数が一番多いのは中学3年生でした。

そのきっかけになるのは、人間関係と勉強の問題でした。
そして、学年が低くなれればなるほど、家庭環境の影響が大きくなります。

不登校への対応としてはこういった点に注意をして、子供たちに接してあげるのが良いでしょう。

しかし、原因は人それぞれなので、しっかりお話を聞いてあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました