【大人嫌い】大人に相談出来ない人へ。

不登校支援と教育

大人を信用できてない。大人に馬鹿にされる、笑われる。

不登校の相談や、人生の悩みを中学時代に私はいっぱい持っていました。

相談したいことがある時、やはり大人に相談するのが手っ取り早いです。でも、真剣に悩みを聞いてくれない大人もいるよね。子供だからってバカにしてるのかな?大人も子供の頃に、今の子供たちと同じようにいっぱい悩んだはずなのに。

今日は、そんな大人の感情と子供の感情を、当時の気持ちを思い出しながら私なりに書きたいと思います。

自分を変えたいと思っている人へ:【期待しない生き方】変えられるのは自分だけ!

1.大人の気持ち

子供の悩みって、大人にとってはちっぽけに感じてしまう事があるのです。

将来の悩み、夢の相談、人間関係、全部大人はもう悩んで悩んで悩み切って、それぞれがある程度の「答え」を見つけています。

大人たちはもうその悩みの「答え」を知ってる。

答えを知っているからこそ軽く見えちゃうのかもしれません。

勇気を出して相談しても、茶化してくる大人っているよね。自分の夢を否定してくる大人もいるよね。はっきり言われなくても、相談してる側からしたら軽く見られてるかどうかはすぐわかる。私も不登校の時は、敏感だったからわかるよ。

でもね、悔しいけど大人たちはもう「答え」を知っているの。だって、みんな同じように乗り越えてきたから。馬鹿にしてくる嫌な大人でさえ、ある程度は子供の悩みに対する、解決策対処法を知っている。

だから嫌な大人も全部含めて利用する。

2.不登校のみんなへ

今何かに悩んでる子がいるなら、ひとつだけアドバイス

なるべく、たくさんの大人の「答え」を聞くのをオススメするよ。

答え」は無限に存在するから。そして、自分で取捨選択していくの。

例えばね、「あの人の意見は私には合わない」と思ったら無視すればいい。

「この人の意見は少し違うけど、共感できるとこもある」と思ったら、納得いく意見だけ貰えばいいの。世の中にはいっぱい大人がいるよ。親、おじいちゃん、おばあちゃん、お兄ちゃん、お姉ちゃん、家族。学校の先生、塾の先生、習い事の先生。みんなそれぞれ違う「答え」をもってるよ。いろんな人に聞いてみよう!そうやって、自分なりの「答え」を作っていくの。

これが私が不登校を経験して出した「答え」。

納得いくとこだけ、持ち帰ってね。

自分の考えと違う、と思ったら無視していいの。

でもね、ほとんどの大人が子供の悩みをバカになんかしてないと思うの。ちゃんとみんなのお話を聞いてるよ。みんなからの相談を待ってるよ。分からない時は1人で考えずに、誰かと共有しましょ!

誰でもいいからね!

3.まとめ

答え」は自分で作れる、と言うお話でした。

大人の方に伝えたいことは、バカにしないで相談に乗ってください。
笑うのもダメですよ!

子どものみんなに伝えたいのは、とにかく誰かに相談すること。
1人で抱え込まないでね!

私も無料で相談に乗るので、気軽に連絡ください!

皆さんの想いが聞きたいので、コメントを頂けると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました