【Writing】英語のエッセイ、ライティングの本当の書き方

広告
英語学習

TOEFL, IELTS, ACT, SAT, 英検、どんな英語のテストでもライティングセクションは存在します。

今回はそんなエッセイの本当の書き方と手順を紹介します。

約70%の企業が新卒にTOEIC 700点以上の英語力を期待。
大学卒業までにTOEICは何点取ればいいの? 答えは簡単です。タイトル通り700点以上を目指しましょう。 2013年にTOEICに発表された調査によると、68.6%の企業が国際部門に700点以上のスコアを新卒のみんなに求めています。...

エッセイの構成

エッセイを書く上で一番大切なことは、基本の3つの構造を理解することです。

  1. Introduction (導入)
  2. Body (本文)
  3. Conclusion (結論)

この3つは絶対抑えてください。
したがって、TOEFLなどのエッセイを書くときは少なくてもパラグラフは3つ以上書かなければなりません。

次にそれぞれのパラグラフにどんなことを書いていけばよいのかを説明していきます。

【履歴書に使える英単語】ネイティブが使う、実績を伝える動詞!
履歴書に使える英単語 Action Verbs (Action verbs convey accomplishments.) 履歴書や実績を書くために使える、動詞を集めました! アメリカの大学のネイティブの人たちも実際に、履歴書...

Introduction (導入)

Introductionはエッセイを書く上で一番大事なパラグラフだと言われています。なぜなら、読者が最初に見る文章がイントロの部分であり、ここの最初の文章で読書を引き付ける必要があるからです。

この読書を引き付ける文章を、「Hook」と言います。フック船長のフックですね。あのフックで読書をひっかけるイメージです。

Hookを書く上で大切なことは、1文で相手を引け付けることです。例えば、衝撃的な事実から書き始めたり、質問から始まる文にしたりなど様々な書き方があります。

例えば、

・“Why is it that cats always land on their feet?”(質問)

・Raymond Frey mentioned, “ If the value of a life parallels the emergence of capabilities such as intelligence, sentience, and self-direction, the value of that life also increases and deserves increasing levels of ethical consideration”(引用)

Yes/No quesion, agree/disagreeを聞かれる質問に関しては、まずは結論から言いましょう。自分がどこのスタンスに立って今後のエッセイを書いていくのかを明確にします。

大事なことは、最初に詳細を書きすぎないことです。イントロ書くポイントは、最初は、From Broad to Narrow, です。いきなり詳しいことは書きすぎないようにして、本文までのながれを作りましょう。

 

そして、introductionに共通してかならず必要な事は、thesis statementです。
Thesis Statementは、導入部分の最後のセンテンスで書かれることがほとんどです。ここでは、このエッセイで今から何を説明して、どのような順番論じられるかを述べる大事な文章です。

例えば、

・”This essay outlines the most commonly proposed initiatives for addressing climate change and argues that to address this issue both practical and political solutions must be found.”

・Animal experimentation is conducted for human beings, but it has serious problems with ethics, efficiency, and needs a solution. This paper first examines the moral concern about animal experimentation, then explores how animal testing works, and finally discusses solutions.

Introductionを書いた後は、本文に取り掛かりましょう。

Body (本文)

本文では、トピックセンテンスをしっかりかきましょう。

トピックセンテンスは、イントロで書いたthesis statementに関係、関連する内容や、根拠になる内容を書きましょう。そして、トピックセンテンスは、そのパラグラフのメインアイデアとなる文章になります。

例えば、

・One of the most frequently cited initiatives for addressing climate change is the development of education programs for consumers that explain how to identify products that are more environmentally sustainable.

このようにパラグラフで論じる主な内容を1文で簡潔にまとめると、読者が今から何が起きるのかを理解しやすくなります。

トピックセンテンスを書いた後は、その内容に基づいて「例」、「経験」、「根拠」、「対比」、などを状況に合わせて使っていきます。

これを、本文のパラグラフの分だけ繰り返します。

それが出来たら最後のConclusionに入っていきます。

【コロケーション】英単語の覚え方。単語と単語の繋がりを覚えよう!
単語を覚えても使い方が分からない。英語が出来てない人の克服法! そんな状態を脱却するためには単語のコロケーション(単語の組み合わせ)を勉強しましょう。 主要な動詞のコロケーションをまとめました。 No more word-...

Conclusion (結論)

結論は、エッセイの中でも一番簡単なパートです。

イントロで述べてthesis statement、もしくはyesかno, agreeをかdisagreeを結論の最初の文で言い換えれば終わりです。ここで気を付けないといけないのは、新しい情報を付け加えないことです。イントロと本文で述べなかった内容は、コンクルで付け加えてはいけません。新情報は本文で論じるようにしましょう。

今後どうしていくべきか、このエッセイがどう役立つかなどの自分の考えであれば、付け加えて大丈夫です。

例えば、

・ All in all, I agree with the statement that ~

・In conclusion, people should go abroad ~

・In summary, ~

【フォーマルな英単語】エッセイで使えるアカデミックな英単語一覧
TOEFL、TOEFL、英検、などのライティングやエッセイのテストで使える、フォーマルでアカデミックな英単語をあつめてみました。普段は使わない表現でも、アカデミックな状況で書きかけられるような便利な英単語です。 アルファベット順に並ん...

まとめ

  • Introducation
  • Body
  • Conclusion

エッセイの書き方が分かった後は、適切なワードチョイスを覚えましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました